ぼくあすブログ

トピックス

「ぼくらのあした」や東京生活、就職、
生活お役立ち情報などをまとめました。

就職について東京都(関東)と地方を比較

85 views

こんにちは!

無料プログラミングスクール【ぼくらのあした】担当の田中です。

 

 

今回は就職における東京(関東)と地方の比較をしたいと思います。

もちろん、どちらがいい、悪いということではないですが、参考にしてみてください。

 

 

現在の日本では東京都内に企業が集中していることもあり、

求人数も東京が圧倒的に多くなっています。

 

 

 

 

地方にはない業界、業種の仕事も多く、未経験者での新たなチャレンジ・就職

をするなら東京が適しています。

反対に地方では、東京に比べ求人数が少なく未経験者採用の求人が少ないです。

 

 

 

 

ぼくらのあしたはプログラミングスクールなので、皆さんが就職するIT企業に焦点を当ててみると
上昇傾向にあるIT業界の転職求人倍率は5.7倍と言われています。

 

例えば、システムエンジニア 東京、大阪、福岡を比較すると
大阪は東京の27%、福岡は東京の10%以下の求人数です。

 

 

物価や生活費などを比較すると地方よりも東京の方が高いですが、給料が高い案件は多いです。
仮に同じスキルを持っていた場合、地方と東京では給料が月に10万円以上違う求人もあります。

 

 

地方から東京に上京して就職を目指す場合、明確な目標を持つことが非常に大事です。
とりあえず上京したいとか、東京に住みたいという理由だと少し嫌なことがあると離脱
してしまう方が多いようです。

 

 

 

明確な目標や意識がある人は、直ぐに心が折れることもなく、躓いた際はどのように
解決するかを考える志向になったり「負けるもんか」と自力で打破していきます。

 

 

また、上京する際の懸念事項も理解しておく必要があります。

①満員電車が大変:都内の電車では通勤ラッシュの時間帯は、

おそらく経験したことも無いような状況に遭遇します。

出勤するだけでも疲れてしまう方もいるので、覚悟が必要かもしれません。

 

 

②仕事がハード:東京での仕事では、成果やスピードを求められる事が多く、

仕事をハードに感じる方が多いようです。

 

 

③生活費が高い:この広さの物件でこんなに家賃高いの!?なんてこともあると思います。

あくまでも感じ方に個人差はあると思いますので、気にせず目標に向かい

頑張っている方は多くいます。

 

 

以上のように、

①東京は地方よりも求人が多く

②多くの企業があるので、未経験でもチャレンジできる企業が多く

③生活費は高めだが、給与も地方よりは高め

となっています。

 

 

是非、【ぼくらのあした】で上京してプログラミングを学び、就職してみませんか?

 

 

 

(仲間もできるよ!)

 

 

【参考】

エンジニアを採用するためには|2020年最新動向・おすすめの採用手法

エンジニアが東京で働くメリット・デメリットは?求人数が多い都市ランキングも紹介します。

 

『ぼくらのあした』注目ポイント!

☆プログラミングスクール受講料無料

⇒受講料無料でも少人数制の

きめの細かい講義を行います

 

 

☆シェアハウス入居費無料

⇒東京で2か月間の住居、

水道光熱費を㈱グッドワークスが負担

⇒同じ志をもった仲間とともに

プログラミングに打ち込める環境です

 

 

☆希望に合った企業をご紹介し内定に導く

⇒全国1,500社以上のお取引企業から

就職先をご紹介

⇒押し付けではなく、ヒアリングをし

希望に合った企業を推薦

 

 

☆お米サポート

⇒生徒の皆さんにお米を提供すること

により職・食・住を総合サポート

 

東京でプログラミングを始めてみませんか?

新しい生活が待っています。

 

興味がある方はお気軽にエントリーしてください!

「ぼくらのあした」について詳しく知りたい方はこちら